トップ山根一眞の仕事プロフィール著作リストアーカイブスお問い合わせサイトマップ著作権について
 山根一眞/Kazuma Yamane
 ノンフィクション作家 獨協大学経済学部特任教授  獨協大学環境共生研究所 研究員
山根一眞/Kazuma Yamane ノンフィクション作家 獨協大学経済学部特任教授

 1947年10月12日、東京都中野区生まれ
 獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業

  1997年4月、低炭素化社会目指す新産業の創造を「環業革命」と命名、その進展で活力ある経済振興をと訴える布教ともいえる講演活動は、日本、ロシア、ブラジルなども含め800回を超えた。1999年、自ら環業革命を進めるためソーラーパネルや冷暖房に地下水を利用するシステム、虹を自由に出せる人工降雨装置などを装備した自宅=エコハウスを建築、その立証実験を続けている。「環業革命」は2005年日本国際博覧会・長久手愛知県館や「名古屋メッセ2006環業見本市」(2006年11月)でもテーマに採用されたが、東日本大震災以降の電力不足により火急の課題となった。
              *
  人生観や環境意識の原点はブラジル・アマゾン。1972年の初訪問以来、現地取材は約20回におよぶ。1996年にはNGO・アマゾン未来協会代表として、アマゾン初の国際環境シンポジウムを主催、アマゾンの「環業革命」である「森林農業」のムーブメントを興す契機となった。これら一連のアマゾンでの業績に対して、1997年に日本人初のアマゾン・パラ州議会功労賞を受賞。ブラジル・アマゾンにおける日本人開拓史も長年にわたり取材・執筆を続け、1999年に汎アマゾニア日伯協会功労勲章を受けた。
               *
20年近くにわたり、奈良県東吉野村のニホンオオカミや沖縄県西表島のイリオモテヤマネコを初めとする生物多様性をテーマとする取材活動にも力を入れてきた。2005年日本国際博覧会・瀬戸愛知県館では「生物多様性」をテーマとし、万博開催地のひとつ「海上の森」の自然保護を表現、同館は愛知万博で唯一となる展示学会賞を受賞するなど大きな評価を受けた。2001年11月に有人潜水船「しんかい2000」に続き2007年3月に「しんかい6500」の第1000回目潜航に同乗取材し、地球生命の原点である深海生物と生物進化史の世界に没頭、生命起原の探査を続ける宇宙、惑星ミッションなどもライフワークのテーマとなった。
                *
  1991年から2007年まで17年余、約800回にわたった週刊誌連載「メタルカラーの時代」では、日本の「モノづくり」に携わる人々の仕事と人生をいきいきと描き続け「モノづくり」への関心を高めることに貢献、「東京クリエーション大賞」で個人初の「大賞」を受賞(1998年)。『100年後に残すメガ仕事』など「メタルカラーの時代」シリーズの単行本と文庫本(小学館)は合計24冊になる。先端科学技術を追い続ける情熱は衰えることなく、また使命感をもってそれらを日本の誇りとして一般にわかりやすく伝えることに力をそそいでいる。2009年11月の「事業仕分け」では長年テーマとしてきた日本の科学技術が壊滅的な打撃を受けたことから、その危機を訴え改善を求める活動にも大きな力をそそいでいる。小惑星探査機「はやぶさ」の7年間にわたる取材成果をまとめた『小惑星探査機はやぶさの大冒険』は大反響をよび、2010年の科学書のベスト1位となった。
              *
  1990年からNHK総合テレビ外部キャスターとして『ミッドナイトジャーナル』を3年間(701回放送)、1996年からは4年間『未来派宣言』(162回放送)を担当。講演、シンポジウムやフォーラムのコーディネーターも数多くこなし920回を超えた(2010年12月末)。ニッポン放送の『上柳昌彦 ごごばん!』では毎週木曜日にレギュラーゲストとして辛口の社会批評や先端科学技術の解説を行っている。雑誌『DIME』(小学館)連載『山根一眞の新モノのミカタ』では、毎回思いがけない「モノのミカタ」で読者を喜ばせている。
              *
  インターネットがなかった80年代半ばから、山手線内や新幹線、アマゾンやアフリカの奥地など世界のどこからでも衛星通信やネット接続する仕事術を実践、そのノウハウを伝え続け「モバイルの開祖」と称される。1986年に出版した「スーパー手帳の仕事術」は大ベストセラーとなり、日本でのシステム手帳の普及をもたらした。これらの功績により2004年にテレワーク推進賞個人賞を受賞。モバイルとデジタル仕事術を披露する連載コラム『日本経済新聞』「デジタルスパイス」は、約11年余、568回執筆、『賢者のデジタル』(マガジンハウス)として出版された。体験にもとづく「スーパー書斎」シリーズや「山根式袋ファイル」による情報整理術、先端情報技術をわかりやすく説く著書は20冊を超える。
              *
  2009年4月に獨協大学経済学部特任教授に就任、2011年度は2クラス、約600人の学生にモノつくりや「環業革命」、メディアの使命と課題などの講義を行っている。映像や写真を駆使した解説、ホットなゲストを招いての対談など新しい大学講義のありように挑んでいる。2011年5月には、獨協大学国際教養学部の主催で「獨協大学 天文・宇宙ウィーク」が実現。山根は「はやぶさ」のカプセル展示と関連講演・シンポジウムを担当、「国内では過去最大規模の宇宙イベント」が実現した。2011年2月公開の東映映画『はやぶさ 遙かなる帰還』(主演・渡辺謙)は『小惑星探査機はやぶさの大冒険』が原作で、その制作協力も続ける。
              *
  2011年3月11日の「東北地方太平洋沖地震」の発生後、のべ約50ヵ所の被災地を取材。『日経ビジネスオンライン』で「ポスト3・11 日本の力」の連載を開始した。また宮城県石巻市北上町十三浜の被災漁村、大指(おおざし)で末長い支援活動を、福島県の大手スーパーなどの放射能汚染食品対策の助言も行っている。

【役職・履歴】
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)嘱託、理化学研究所相談役、福井県文化顧問、日本生態系協会理事、NPO子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)理事、石けんリサーチセンター(北九州学術研究都市)スーパーバイザー、宇宙探査委員会委員。北九州マイスター日経地球環境技術賞講談社科学出版賞の各選考委員。共用品推進機構日本聴導犬協会大宅壮一文庫などの各評議員。2001年北九州博覧祭北九州市出展「ものづくりメタルカラー館」総合プロデューサー、2005年日本国際博覧会・愛知県総合プロデューサー(長久手愛知県館+瀬戸愛知県館)、国民文化祭ふくい2005総合プロデューサー、スーパーコンピュータ「京」命名委員長、月探査に関する懇談会委員(内閣府)、生物多様性戦略検討会委員(農林水産省)などを歴任。日本文藝家協会会員。

【著書】
  『メタルカラーの時代』シリーズ、10年にわたる取材成果をまとめた『環業革命』(講談社・韓国でも翻訳出版)『アマゾン入門』『東京のそうじ』『モバイル書斎の遊戯術』『デジタル産業革命』『山根一眞の素朴な疑問』『賢者のデジタル』『小惑星探査機はやぶさの大冒険』『小惑星探査機はやぶさの大冒険・電子ブック版』など多数。

(2011年9月現在)


トップ山根一眞の仕事プロフィールアーカイブスお問い合せサイトマップ著作権について