トップ山根一眞の仕事プロフィール著作リストアーカイブスお問い合わせサイトマップ著作権について
野生動物 <現場フォト> 
 野生動物 <現場フォト>   ● 山根一眞の仕事・メインページへ
左 ニホンオオカミの謎を解くため、1999年5月、ライデン自然史博物館を訪ねシーボルトが持ち帰り学名がつけられた標本を初めて見る。2005年の愛知万博・瀬戸愛知県館では、この標本の里帰り展示が実現した。
中 絶滅危惧種アホウドリの生息地、鳥島を訪ねる。手にしているのは山階鳥類研究所が営巣地を安全な場所に移動するために使っているデコイ。
右 事故死が続き絶滅の日が迫るイリオモテヤマネコの生態解明のため、沖縄県西表島の密林内にNTTドコモの協力で衛星通信を利用するヤマネコ遠隔観察装置を設置した。

 

 

 

 

 

 

 


トップ山根一眞の仕事プロフィールアーカイブスお問い合せサイトマップ著作権について